.探偵・興信所でのトラブル

探偵事務所や興信所にまつわるトラブル事例として、最も件数が多いのは「浮気調査」に関する事例と、その延長としてある「別れさせ屋」に関連するものです。浮気調査は現在探偵事務所や興信所に依頼される調査内容としてはダントツに件数が多いものなので、ほかの身辺調査や信用調査などに比べて比率が高いのはある程度は仕方がないこと言えます。ですが、気になるのは次の「別れさせ屋」についてです。
「別れさせ屋」とは、ここ数年急激に知名度が上がってきた浮気・不倫調査の延長として依頼されるものです。不倫や浮気の調査を依頼する人は必ずしもパートナーの浮気や不倫がないことを期待しているわけではなく、反対に離婚交渉をするときの材料として弱みをつかみたいと思っている場合もあります。「別れさせ屋」とは平たく言えば不倫や浮気の事実を探偵事務所・興信所側で人工的にでっちあげるという手法です。
「別れさせ屋」については開始時から法律的な問題点が多く指摘されてきました。ですが金銭をもらって擬似的に恋愛関係を構築することそのものには違法性はないので、「別れさせ屋」という商売自体を直接規制することはできません。
しかし、これはそれまでの夫婦関係に別の第三者を恋愛関係の当事者として介入させるものなので、多くの場合で依頼時以上のトラブルに発展してしまっています。平成19年には刑事事件にまで発展した事例もありました。今もこの「別れさせ」業務を行なっている探偵事務所は少し危険と考えてもよいかもしれません。