.探偵・興信所の利用方法

探偵事務所と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか。一昔前では探偵事務所で扱う依頼内容といえば、「浮気調査」や「不倫調査」といったような少々いかがわしい内容のものが多かったように思えます。ですが、最近では探偵事務所を業務として行う会社も増えてきており、中にはきちんと株式会社として社長や専務、課長といった組織的な役割分担をもって活動をしているところも多くあります。
こらから調査を依頼したいと思う場合、選ぶときのポイントとしてはまずその探偵事務所の規模や信用度が挙げられます。探偵事務所を開くには、現在では探偵業法に基づき届け出が必要となっていますが、普通の会社のように何らかの資格が必要であったり資本金や事務所を定めなければならないわけではありません。全国で営業している探偵事務所の多くは個人事業として活動をしています。
大手探偵事務所を利用するメリットは、なんといっても組織力があることです。例えば浮気調査をしたい人物が、地方都市や海外への出張が多かったりする場合、個人事業の探偵では都度交通費を支払わなくてはならなくなります。ですが、大手の場合は広いネットワークを持っているので、効率的に対応をしてくれることがあります。
反対に小さな事務所の場合は、柔軟性のある対応を期待することができます。また、依頼を受ける本人が直接調査を行うことが多いので、その人となりを見て仕事を依頼できるという確実性もあります。